うちにアクティが来たのは高校一年のとき。後ろにチャリンコを乗っけたりして重宝してました。
しかもとってもよく眠れる…。部活帰りの時などはサイドガラスで頭ぶつほど爆睡です(笑)
(運転席に座る今も、だいたい眠いです。いかんねぇ…)

で、専門学校を卒業し実家に帰ってそれ以来、自分の相棒として頑張ってくれてます。
母親からもらったときにはすでに10万キロオーバーで、もうすぐ14万キロですが、まだまだ元気。
3度の引越しにも大活躍。たいした故障もなく、持ち主思いのいい奴です。
でも次買うキャリイには間欠ワイパーが付いてて欲しい…唯一の不満。
名前はナイツ。(この名前は二代目に引き継ぎです)

この写真は5月のオフ会前日にとった写真。オフ仕様に14インチタイヤ履かせてもらいました。
ローダウンせずにインチアップするとでかくなったような錯覚に陥る…。


改造歴(あんまりしてませんけども)

母親からもらってすぐ ヘッドレストのカバー付け替え(赤と青に)
カビてたサンバイザーを外す(凄かった…病気になりそうでした)
シフトノブを交換
オフ会1回目 ライトを明るいのに付け替え(HIDではないです)
ルームランプを青に
2004年11月 バックでポールにぶつかりブレーキランプ破損→交換(泣)
オフ会3回目の前日 ポジション球を赤に(酔っ払い?)
14インチタイヤを借りて履いてみる
2005年6月 マフラーカッター装着
UVカットフィルムを貼る


でも、免許とって初めて乗ったのはこいつじゃなくて…この原付。



20の秋に普通免許を取り、車を買うお金が無かった自分は、
バイトに行く時の足にと、原付を買うことにしました。
友人に探してもらい、見つかったのは一台の古いスーパーカブ。

バイク屋に取りに行く道中、まだ見ぬカブに何か名前を付けようと考えていました。
自分の生まれた年よりずっと古いから、「先輩」にしよう、と思っていました。
思っていたんです。

が。

ご対面したカブはなんともダサかわいいちっちゃいカブ。
しかもミラーが片方しかないし、色がこれまたなんとも言えない哀愁漂う茶色。
こ、これは…

先輩って感じじゃない。
どっちかって言うと…おっさん。
おっさんだよこれ!

と、第一印象で「おっさん」と名づけられたC100。(笑)
音はでかいわ、ホーン鳴らないわ、燃費悪いわ、鍵曲がってるわ、
交差点内でエンストするわ(しかもキックしかかからないので超あせる)
自分の運動オンチがたたり派手に横転するわ(自分流血なのにおっさん無傷)
そんな突っ込みどころ満載の思い出ばかりですが、なんとも憎めない奴でした。

実家に置いておいたら親に勝手にドナドナされたおっさん(爆)、
今ごろどこにいるのかなあ…。



広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー